【FF14】零式2層「ヴォイドゲート・アンプリファイア」Akito式・しのしょー式(遠隔時計・近接対面)/解説【エデン再生編】

  1. HOME >
  2. 攻略情報 >
  3. エデン再生編 >

【FF14】零式2層「ヴォイドゲート・アンプリファイア」Akito式・しのしょー式(遠隔時計・近接対面)/解説【エデン再生編】

 

みなさん、こんばんは!ぺれぐりのです(*´ω`*)

好評に付き、今回は2層の解説になります!

それぞれのギミックの処理方法に関して、やり方と、メリット・デメリットをまとめて行きたいと思います(*´ω`*)

これから攻略する方、野良に入る方は用チェックです!

※当記事は野良募集で多く記載されている処理方法の解説になります。
※メリット、デメリットは私の見解です。解釈には個人差がありますのでご注意ください。

 

ヴォイドゲート・アンプリファイア

今回は2層終盤の山場「ヴォイドゲート・アンプリファイア」です。

発生したAOEに入りながら、塔ギミック、線ギミックを処理していくフェーズになります。

処理方法は大きく2つです。

・Akito式
・しのしょー式(遠隔時計・近接対面)

細かいギミック自体の説明は解説していませんので、ご注意を。

 

Akito式

FF14の配信者「Meister Akito」さんが動画で紹介している処理方法です。


①シャドウスワンプを図のように十字に捨てます。

②その後中央へ集まり「ギガスラッシュ」の4連続攻撃を処理します。


③ギガスラッシュを処理したら、自分が発生させたAOEは入り、自身に「影」を付与します。


④その後「塔」が発生するので、DPSは「反時計回り」タンク/ヒラは「時計回り」にあるマーカー(1234)へ集合します。
※このとき、必ずボス方向を向きましょう。

⑤ボス方向を向くことで背面に「影」が出現し外周の「塔」を踏んでくれます。
「影」が発生したらボス周りにある「塔」を踏みます。全員「時計回り方向」の「塔」を踏みます。

⑥1回目の「塔」ギミックが終わったら、しばらくその場で待機します。
このときペアの人とはピッタリ中央で重なっておきましょう。
そのことで次に発生するAOEを綺麗に発生させることができます。

⑦AOEが派生したら、全員時計回りに移動してAOEを避けます。

⑧さらに「塔」ギミックを処理しますが、DPSとタンク/ヒラにランダムに「束縛の鎖」が付きます。
タンク/ヒラはその場の「塔」に待機し、DPSが結ばれたタンク/ヒラ側へ移動し、一緒に「塔」を踏みます

⑨「束縛の鎖」で結ばれているペア同士で「塔」処理を行い、ギミックは完了です。

 

【ポイント】
・近接が一度外周まで離れなくてはいけませんが、④の「影」を出す処理さえしっかりと行えば、難しくなく処理ができます。
・「塔」の処理場所をしっかりと把握しておきましょう。意外と混乱しやすいです。

 

しのしょー式(遠隔時計・近接対面)

FF14の動画配信者「。。しのしょー」さんが動画で紹介している処理方法です。


①シャドウスワンプを図のように8方向散開で捨てます
近接組は動画の「マーカー上」ではなく「マーカーの外側」に捨てます。
そうしないと、④のときに影からの攻撃を受けやすく、事故が発生します。

②その後中央へ集まり「ギガスラッシュ」の4連続攻撃を処理します。


③ギガスラッシュを処理したら、自分が発生させたAOEは入り、自身に「影」を付与します。


④その後「塔」が発生するので、それぞれ指定の「塔」へ移動します。
近接組:「塔」の縁の中央側に立ちます。中央に立っていると、背面に現れた影が「塔」から外れます。
遠隔組:影から攻撃を受けないように「塔」の縁から外れた位置(動画では四角の真ん中と言っています)に立ちます。
※このとき、必ずボス方向を向きましょう。

⑤影が発生したら、近接組は対面の「塔」へ、タンク/ヒラは時計回りに回った位置の「塔」へ入ります。

⑥1回目の「塔」ギミックが終わったら、外側へ待機しAOEを誘導します。
(このAOEの処理はAkito式でも可)

⑦AOEが派生したら、タンク/ヒラは指定の「塔」へ、DPSは中央よりに集合しておきます。

⑧DPSとタンク/ヒラにランダムに「束縛の鎖」が付きます。
タンク/ヒラはその場の「塔」に待機し、DPSが結ばれたタンク/ヒラ側へ移動し、一緒に「塔」を踏みます

⑨「束縛の鎖」で結ばれているペア同士で「塔」処理を行い、ギミックは完了です。

 

【ポイント】
・近接組の立ち位置が繊細で、間違えると事故が発生しやすいです(①④)
・ヒーラーが③~⑤において外周にいることが多いので、回復不足に注意。バリアもしっかり張りましょう。

 

メリットとデメリット

メリット

Akito式

・「影」を発生させる立ち位置調整が、ほぼ不要でわかりやすい。

しのしょー式(遠隔時計・近接対面)

・近接ジョブが攻撃できる時間がながい。
・「塔」の入る場所がわかりやすい。

 

デメリット

Akito式

・近接ジョブが近接攻撃ができない時間が多く発生する(①③④)
・「塔」の入る場所が少し複雑

しのしょー式(遠隔時計・近接対面)

・「影」を発生させる立ち位置が繊細で事故りやすい。
・回復が届きにくく、HP不足になりやすい。

 

まとめ

安定的に進めるならAkito式。野良PTにもおすすめ

深く理解していなくても、指定の立ち位置にさえいれば、事故が起こりにくいです。

ヒールもしやすいため、バリアなどが薄めでもなんとかなります。

野良PT向き。

 

TA(タイムアタック)詰めPTならしのしょー式

TA(タイムアタック)詰めPTをするなら、しのしょー式です。

本格的にやるなら、AOEの処理をAkito式にしたミックス型がおすすめです。

 

野良PTで行う場合は、とくに近接ジョブは「影」の出し方に注意です!理解していないメンバーがいると、ずっと事故ります。

マーカーの位置をわざわざ最初の「影」の立ち位置にずらしているPTもあるため、混乱しやすいので注意です。

 

【苦手な方へ】ギミック処理のポイント

Akito式でやってみましょう。

④でしっかりとボスへ向くのが唯一の注意点です。

またDPSは「束縛の鎖」で「スプリント 」を使うと安定します。

 

しのしょー式の場合は、まず、マーカーが動画と同じかチェックしましょう。

そして、①と④の立ち位置をしっかりと把握しましょう。

①はマーカーの縁の外側、④は「塔」の縁の内側です。

 

おまけ

2層の壊滅ポイントでもある「インプロージョン」と「ギガスラッシュ」の捌き方。私がやっている方法(思考法)を紹介します!

参考にどうぞ!

それぞれ、やりやすいやり方を見つけてみてください(*´ω`*)

-エデン再生編, 2層, 攻略情報

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.