【FF14】パッチ6.X忍者基本スキル回し(GCD2.50)

  1. HOME >
  2. スキル回し >

【FF14】パッチ6.X忍者基本スキル回し(GCD2.50)

【FF14】パッチ6.X忍者基本スキル回し(GCD2.50)

パッチ6.1からの変更について

6.1以降も同じように回せます。(開幕の土遁だけいりません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさんこんばんは!ぺれぐりのです!('ω')ノ

今回は忍者パッチ6.Xのスキル回し解説です!

 

6.X当初は不評の嵐でしたが;w;

調整されいつも通りのかっこいいジョブに仕上がってます(*^-^*)

 

忍者初心者さんは

「そもそも使い方がよく分かっていない、、、」といかたは「忍者の超基本」からご覧になることをおススメします(*'ω'*)

 

※なお、スキル回しは『ボスのギミック』や『PT構成』によって大きく変わります
基本的な考え方や、そこそこのDPSを出すまでの過程として活用いただければと思います(*´ω`)

※本記事は、海外のDiscordサーバー「The Balance」で紹介されているスキル回しを参考にしています。あらかじめご了承ください。

 

使い方


使い方を見る

空欄をメモに使おう

スキルのボタンや、ちょっとしたメモに。半角で3文字程度入ります!

 

ボタンがわかれば、スキル回しのイメージもわきやすく、画面を見ながら練習もしやすいので是非試してみてください(*´ω`)

 

 

 

一覧で見たい時は「コンパクト」を!

コンパクトのタブをクリックすると、ナンバーと空欄が消えて1ページでたくさんの内容が確認することができます(*´ω`*)

デュアルモニターの方はとなりに表示して見ながら練習してみて下さい!

 

スキルにカーソルを合わせると説明文が!

あれ?このスキルなんだっけ?? というときにすぐに確認できます!


 

忍者スキル回し(GCD2.50)


ワイドコンパクト

開幕

1

 

3

4

5

6

7

 

 



風遁の術
-10秒

 



かくれる
-7.0秒



水遁の術
-0.5秒



活殺自在



双刃旋



強化薬

   

8

9

10

11

12

13

14

15

 



風断ち



ぶんどる



分身の術



旋風刃
背面



だまし討ち



残影鎌鼬



夢幻三段



氷晶乱流の術

 

16

17

18

19

20

21

22

23

 



雷遁の術



天地人



風魔手裏剣



雷遁の術



水遁の術



命水



月影雷獣牙



六道輪廻

 

24

25

26

27

28

29

30

 

 



月影雷獣牙



六道輪廻



双刃旋



雷遁の術



月影雷獣牙



風断ち



旋風刃
背面

   

クールダウンフェーズ1

31

32

33

34

35

36

37

38

39



双刃旋



風断ち



強甲破点突



双刃旋



風断ち



旋風刃
背面



双刃旋



風断ち



水遁の術

40

41

42

43

44

 

 

 

 



旋風刃
背面



双刃旋



風断ち



強甲破点突



活殺自在

       

60秒バースト

45

46

47

48

49

50

51

52

53



双刃旋



風断ち



旋風刃
背面



だまし討ち



双刃旋



夢幻三段



六道輪廻



氷晶乱流の術



雷遁の術

54

55

56

57

 

 

 

 

 



月影雷獣牙



雷遁の術



月影雷獣牙



風断ち

         

クールダウンフェーズ2

58

59

60

61

62

63

64

65

66



旋風刃



双刃旋



風断ち



強甲破点突



双刃旋



分身の術



風断ち



旋風刃
背面



双刃旋

67

68

69

70

71

72

73

74

 



風断ち



旋風刃
背面



双刃旋



風断ち



水遁の術



旋風刃
背面



双刃旋



風断ち

 

75

76

 

 

 

 

 

 

 



旋風刃
背面



活殺自在

             

120秒バースト

77

78

79

80

81

82

83

84

85



双刃旋



風断ち



残影鎌鼬



だまし討ち



六道輪廻



氷晶乱流の術



夢幻三段



雷遁の術



ぶんどる

86

87

88

89

90

91

92

93

94



月影雷獣牙



六道輪廻



天地人



風魔手裏剣



雷遁の術



水遁の術



命水



月影雷獣牙



六道輪廻

95

96

97

 

 

 

 

 

 



雷遁の術



月影雷獣牙



旋風刃
背面

           

開幕


風遁の術
-10秒

 


かくれる
-7.0秒


水遁の術
-0.5秒


活殺自在


双刃旋


強化薬

   


風断ち


ぶんどる


分身の術


旋風刃
背面


だまし討ち


残影鎌鼬


夢幻三段


氷晶乱流の術

 


雷遁の術


天地人


風魔手裏剣


雷遁の術


水遁の術


命水


月影雷獣牙


六道輪廻

 


月影雷獣牙


六道輪廻


双刃旋


雷遁の術


月影雷獣牙


風断ち


旋風刃
背面

   
クールダウンフェーズ1


双刃旋


風断ち


強甲破点突


双刃旋


風断ち


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち


水遁の術


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち


強甲破点突


活殺自在

       
60秒バースト


双刃旋


風断ち


旋風刃
背面


だまし討ち


双刃旋


夢幻三段


六道輪廻


氷晶乱流の術


雷遁の術


月影雷獣牙


雷遁の術


月影雷獣牙


風断ち

         
クールダウンフェーズ2


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち


強甲破点突


双刃旋


分身の術


風断ち


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち


水遁の術


旋風刃
背面


双刃旋


風断ち

 


旋風刃
背面


活殺自在

             
120秒バースト


双刃旋


風断ち


残影鎌鼬


だまし討ち


六道輪廻


氷晶乱流の術


夢幻三段


雷遁の術


ぶんどる


月影雷獣牙


六道輪廻


天地人


風魔手裏剣


雷遁の術


水遁の術


命水


月影雷獣牙


六道輪廻


雷遁の術


月影雷獣牙


旋風刃
背面

           

忍者スキル回し動画

 

簡易解説

前提

「六道輪廻 」は「クールダウンフェーズ」の表記は省略しています。「忍気」が100になる前に消化しましょう。

「強甲破点突 」は「風遁」が切れなければ「旋風刃 」と入れ替え可です(バースト以外

「月影雷獣牙 」と「月影雷獣爪 」は威力が同じなので、記載は ですがどちらを使ってもOKです。

スキル回し2番は「土遁の術 」だったので削除し抜けています。

 

基本

バフ:「活殺自在 」「分身の術 」「天地人 」はリキャスト毎に使います。

アビリティー:「だまし討ち 」「夢幻三段 」はリキャスト毎、「六道輪廻 」は各バースト中に最大数撃てるようにします。

「ぶんどる 」は開幕後は、120秒バーストで「忍気」が溢れないように使います(臨機応変に移動させる)

 

忍術

「風遁の術 」は開幕で使い、以降は基本使いません。

「土遁の術 」は複数隊のMOBが出てこない限り、開幕以外では使いません。

バースト中は基本「活殺自在 」中は「氷晶乱流の術 」それ以外は「雷遁の術 」です。

クールダウンフェーズで1回の「水遁の術 」を使います。

 

 

開幕

まずはカウント10秒前で「風遁の術 」をします。

次に忍者お決まり、開幕「土遁の術 」⇒「かくれる 」と使い追加効果の「忍術のリキャストタイムを2チャージ分リセットする」を発動させます。

パッチ6.1の改修で土遁が消える仕様になったため、不要となりました。

この動作により、 をほぼ無料で使えます。

 

開幕は6秒前に「印」を結び始め、開始0.5秒前ほどで「水遁の術 」を当てて、開始します。

6秒前の理由は、「印」は結び始めてから6秒の効果時間があるので、最速で次のリキャストが戻るように最大限前倒しで「印」を使っておきたいためです。

 

開幕にボスを「土遁の術 」の攻撃範囲まで引き付けられない場合は、省略しても構いません。

 

 

クールダウンフェーズ1

基本3コンボ を回します。

仕込みで「39 水遁の術 」だけ使っておきます。

このタイミングは

・「だまし討ち 」のリキャストが20秒以下である
・「印 」のリキャストが3秒以上ある

タイミングです。

早打ちすぎると  までに の効果が切れます。遅すぎると、チャージが2溜まり無駄になります。

 

「忍気」は基本50溜まったら「六道輪廻 」を使ってしまってOKです。バースト直前だけ撃たないように意識しましょう!

 

「44 活殺自在 」は、リキャストが明けたら即撃ちです。

このタイミングを目安に60秒バーストです。

 

 

60秒バースト

60秒バースト(「だまし討ち 」中)は以下を撃ちます。

・「氷晶乱流の術
・「雷遁の術 」×2
・「月影雷獣牙 」×2
・「夢幻三段
・「六道輪廻 」×撃てるだけ

のこりのGCDには、基本3コンボを使います。

「残影鎌鼬 」を合わせられる場合には、「のこりのGCD」の代わりに使います。

 

 

クールダウンフェーズ2

1同様です。

「63 分身の術 」は、リキャストが90秒ですので、基本バーストに合わなくても即撃ちします。(忍気を確保しておきましょう)

ボスのキルタイムがわかっている場合で、使用回数が変わらない場合のみ後ろ倒ししてもOKです。

 

 

120秒バースト

いくつか回しがありますが、今回は覚えやすく、回しやすいコンボの紹介です。他の回しが知りたい方は「更に高みを目指すなら」の項目をどうぞ!

 

120秒バースト(「だまし討ち 」中および20秒バフ中)は以下を撃ちます。

・「氷晶乱流の術
・「雷遁の術 」×2
・「月影雷獣牙 」×3
・「夢幻三段
・「ぶんどる
・「天地人 」(
・「名水
・「六道輪廻 」×撃てるだけ

「95 雷遁の術 」にギリギリ「だまし討ち 」の効果が、のるか のらないか(多分のってない)になります。

 

ポイントは「忍気」を溢れさせないことです。「ぶんどる 」で40、「命水 」で50 増えるので、注意しましょう。

 

今回の回しでは、 の後すぐに「六道輪廻 」を使っておくことで、そのあとの「忍気」が溜まる渋滞を軽減しています。

また、開幕同様に「天地人 」()「名水 」と回せるのも、スキル回しミスの軽減につながり、この回しのメリットでもあります。

 

 

120秒バースト後

「クールダウンフェーズ1」に戻り、同様に回せます。

「だまし討ち 」を目安に各バーストを繰り返しましょう。

 

 

「分身の術 」「残影鎌鼬 」について

意外と扱いに困るのがこの2つのスキルです。

は前述のとおり、リキャスト毎に即撃ちします。

「残影鎌鼬 」は45秒の猶予時間があるため、バーストに合わせたくなってしまいますが、使う優先順位は以下の通りです。

 

①ボスから離れなければならない場合のGCDとして
60秒バーストに合わせられる場合、通常コンボの代わりの部分として
③120秒バーストの直前
④クールダウンフェーズ

 

ポイントは「120秒バーストでは使わない」という点です。これは、威力の高いスキルを優先して使っていくと、120秒バースト中には  を使う猶予がないことに気づきます。

 

③の「120秒バーストの直前」は気休め程度ですが、PTバフが「だまし討ち 」よりも早くに入っている場合には、多少の恩恵を受けられます。

 

 

更に高みを目指すなら

120秒バースト

だまし討ち二重織り回し

 

をGCDの後半に撃つことで、最後の  を効果中に撃つことができます。最大DPSを出すならこの回しです。

ただし「忍気」の管理が複雑なので、100を超えないように注意です。

 

開幕だけ「だまし討ち 」はGCD後半に

忍者は「風遁の術 」の効果でGCDが2.19以下になります。

そのため開幕3GCD後に「だまし討ち 」を即撃ちすると、ほかのPTバフと多少のズレが生じてしまいます。

ズレをなるべくなくすために、はGCDの後半に撃つようにしましょう。

 

またこのことで、GCDが2.12以下であれば「26 双刃旋 」を  効果中にのせることができます。

難しければ、 を飛ばして にすることもできます(ただし「印」の時間に は終わります)攻略中などの参考にどうぞ(*'ω'*)

 

開幕以外は、それぞれのジョブ毎に修正できないズレが発生するので即撃ちで問題ありません。

 

「強甲破点突 」について

基本は「風遁」30秒以下で使っていきますが、あえて「風遁」を溢れさせても「強甲破点突 」の方が有効な状況があります。

 

長いダウンタイム(攻撃対象がいない、カットシーン、など)がある場合で、ダウンタイム後に「風遁の術 」を使わないといけなくなる場合。

ボスの側面にいて、背面に行くことができない場合。

 

①に関して、だいたい「長い履行技」などの後はバーストタイミングです。

ここで「印」を1つ消費してしまうのはもったいないので、ボスの離脱前に「風遁」をMAXにすることで、それを防げる場合は「風遁」が溢れてでも、「強甲破点突 」が有効です。

 

➁に関して、3段目コンボ「旋風刃 」と「強甲破点突 」を見比べると、コンボ時の側面威力は、以下の通りです。

:コンボ時威力:360
:コンボ時かつ側面攻撃時威力:400

このことから、どうしても側面から抜け出せない場合は  の方が有効です。

 

 

ボスから離れる場合のスキル優先順位

①「水遁の術 」(「だまし討ち 」リキャストが20秒以内の場合)
➁「残影鎌鼬
③「雷遁の術
④「投刃 」(威力:120、忍気5上昇)

 

①➁内なら、ほぼリスクなしです。

③はバースト中の1回分を消化してしまいますが、 の威力が低いため、あきらめましょう(´・ω・`)

 

 

忍者の超基本

基本3コンボ を回しながら、「風遁」を切らさないように「強甲破点突 」でちょくちょく更新していきます。

バーストの「だまし討ち 」で最大火力が出るようにアビリティーを合わせていきます!

バーストに合わせないアビリティーは下記の2つ。これは、基本的にはリキャストが明けるごとに使ってOKです。

 

リキャスト毎に使うアビリティ

「活殺自在 」(効果が持続するので実際にはだまし中に消化)
「分身の術 」(リキャスト毎に使えるように忍気の調整を!)

 

「忍気」は100溢れないように、50溜まったらどんどん「六道輪廻 」を使っていくイメージでOKです!

慣れてきたら、「だまし討ち 」中に最大数撃てるように調整してみましょう!

 

 

「月影雷獣牙 」と「月影雷獣爪 」について

「雷遁の術 」を使うと1回撃てるようになりますが、ほかのウェポンスキルを使ってしまうと、その効果が消えてしまいます;w;

そのため、基本的には とセットで使うことを意識しましょう!

 

 

「風来刃 」について

対象に物理攻撃。
威力:200
追加効果:自身に「風遁の術」の効果を付与する
効果時間:60秒
追加効果:「忍気」を5上昇させる

以上の効果を持つスキルですが、基本的には使いません。

使うケースとしては、

①死亡 ⇒ 復活後 に 「風遁」をつける場合
➁ボスの履行技などで「風遁」が切れ「風遁の術 」を使う間もなく、ボスを攻撃できる場合

です。

 

「忍術」について

単体ボス戦中(戦闘開始後)に使う「忍術」は限られています。

【単体ボス中に 使うもの】

【使わないもの】

【使う場合があるもの】(複数敵がいる場合)

【基本的に使わないもの】(特別な状況や、死亡等なければ)

 

以上からわかることは、基本的には(単体ボスでは)   以外は使わないという事です。

それぞれの「印」を見てみると(下記以外のもありますが)


 

全て「天の印 」から始められることがわかります。

 

こういった統一感、意外と大切なので、やりやすい感覚をつかんでおきましょう(*^-^*)

 

他のジョブを見る(タブで切り替え)

DPSタンク・ヒーラー

竜騎士
竜騎士
モンク
モンク
忍者
忍者
侍
詩人
吟遊詩人
機工士
機工士
踊り子
踊り子
黒魔導士
黒魔道士
召喚士
召喚士
赤魔導士
赤魔道士

ナイト
ナイト
戦士
戦士
暗黒騎士
暗黒
ガンブレイカー
ガンブレ
白魔導士
白魔道士(準備中)
学者
学者(準備中)
占星術師
占星術師(準備中)


https://ff14-app.com/

冒険をさらに楽しめるアプリをどんどん作っていきます!

ぜひのぞいてみてください( `ー´)ノ

 

 

 

 

-スキル回し, メレー

Copyright© , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.